食品添加物ゼロで安全なマクロビ「めんつゆ」の作り方

「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

たまにはうどんやそばなど麺類を食べたくなるもの。そんな時はぜひ、おいしいだしをひいて、めんつゆを手作りしてください。市販のめんつゆを買う場合は、必ず原材料をよく見て、添加物のできるだけ少ない製品を求めましょう。特に、ブドウ糖果糖液糖、調味料(アミノ酸等)と記載されているものには要注意。めんつゆレシピはとても簡単ですから、手作りが一番おすすめです。

市販のめんつゆは有害な添加物だらけ

砂糖は健康に有害です。それ以上に悪いのが、めんつゆにも使われるブドウ糖果糖液糖です。トウモロコシのでんぷんを酵素で処理したもので、ブドウ糖と果糖がほぼ半分ずつ含まれ、砂糖に似た甘みがあります。清涼飲料水、パン、クッキー、冷凍食品、加工食品、缶詰、ジャムなど、甘いものすべてに使われています。

Lーグルタミン酸ナトリウムは最もよく使われている添加物の一つ。調味料(アミノ酸等)と表示されていたら、Lーグルタミン酸ナトリウムが使われていると思ってまちがいありません。インスタントラーメン、ポテトチップス、スナック菓子、コンビニ弁当、だしの素など、数多くの食品に使用されています。元は昆布に含まれる成分で比較的安全性の高い添加物ですが、純粋な化学物質であるため、大量に摂取しすぎると体に悪影響を及ぼします。

安心安全な本物のしょうゆを使うこと

マクロビオティックの手作りめんつゆは余計なものを入れないので、ほとんどしょうゆの良し悪しによります。本物のしょうゆを使わなければ意味がありません。しょうゆの原料に丸大豆と書いていない醤油の原料は、脂カスである脱脂大豆です。それから、せっかく遺伝子組み換えでない国産の丸大豆を使っていても、アルコールが添加されていては失格です。

また、プラスチックや金属の樽での短期製法でつくられたしょうゆは、樽・蔵にすむ菌の数が比較にならないほど劣り、味も効能も別物になってしまいます。しょうゆはあくまで菌の豊富な発酵食品でなければなりません。おいしいだけではなく、血液をきれいにしたり、免疫力を高めたり、しょうゆは本来高い効能を持ち合わせた調味料なのです。ぜひ、伝統製法の長期熟成しょうゆをご用意ください。

マクロビ「めんつゆ」の作り方

しょうゆの他、昆布や干し椎茸、切り干し大根などの材料も良質なものを用意してください。シンプルなレシピなだけに、すべては材料の質によるといっても過言ではありません。甘みは切り干し大根で出しますが、足らないと感じる人は米飴を加えて調整してください。

<材料>(作りやすい分量)
昆布 5センチ角を2枚
干し椎茸 大1枚
切り干し大根 5g
しょうゆ 大さじ5

<作り方>
1.容器に水2と1/2カップ、材料の昆布、干し椎茸、切り干し大根を浸し、冷蔵庫に一晩入れておく。
2.翌日、それをざるでこし、鍋に入れて中火にかける。しょうゆ大さじ5を加え、一煮立ちしたら火を止める。

まとめ

マクロビオティックのレシピは本当にシンプル。このめんつゆはかつおぶしが入っていないのに、自然な旨味と風味が備わっていて本当においしい。昆布だしは、日高昆布の場合は火にかけた方がおいしいだしになります。羅臼昆布や利尻昆布は一晩水に浸すだけでオーケーです。昆布だしを冷蔵庫に常備しておけばめんつゆもさっとつくれるし、いろいろな料理に使えて便利ですよ。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 陰陽別マクロビ的オススメ「飲み物」レシピ

  2. 綺麗になれるマクロビオティックレシピ

    のどの痛みに効くマクロビ手当て食「れんこん湯」の作り方

  3. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    アンチエイジング効果・むくみ解消のマクロビ料理の作り方

  4. 栄養抜群で出汁いらず!マクロビに必須「切干大根」レシピ

  5. マクロビオティックの人気レシピと献立の具体例を紹介!

  6. 旬を味わうマクロビレシピ

    自然の甘みを楽しむ旬を味わう!マクロビレシピ