砂糖不使用でもおいしい!マクロビ風クッキーレシピ

マクロビオテックでは植物性のものや精製されていない食材を基本的に使うのでバターや卵、白砂糖、牛乳、小麦粉を使った市販のクッキーは遠い存在になると思います。
そこで、マクロビオテックでも取り入れられる食材で簡単にクッキーを作ってしまいましょう。ほとんどが、混ぜて焼くだけなのでお子様も一緒に作ることができると思います。

クッキーの材料は?

クッキーの基本的構成は、粉、甘みの元、まとめて焼き上げるための水分で作られています。それぞれ、NG食材とOK食材を置き換える事で、意外と簡単に作ることができます。
粉は小麦粉の代わりに、米粉や玄米粉または全粒粉を使います。米粉や玄米粉は仕上がりが少し固めでカリッと仕上がり、かみごたえ十分なのでダイエットにもオススメです。しかもグルテンフリー。あとは、おからを使うのもオススメです。甘みの元は、白砂糖や精製されたお砂糖の代わりに、甜菜糖(てんさいとう)やメープルシロップ、アガベシロップなどを使います。また、ドライフルーツをたっぷりいれれば上記の甘み成分も入れずに作ることができます。そして、まとめて焼き上げるための水分は、牛乳の代わりに豆乳やライスミルク、バターの代わりに菜種油、ごま油、ココナッツオイル、オリーブオイルなどを使います。置き換えて考える事で簡単に思いどおりのアレンジも可能。これらの3つの要素を組みかえれば、色々な味わいのマクロビ風オリジナルクッキーを作ることができます。
スパイスでアレンジ色々
生姜やシナモンなどのお好みのスパイスを加えると、さらにバリエーションは広がります。生姜もシナモンも、身体を温める効果があり香りや風味付けだけでなく

ほろりと口の中でほどける、スノーボールクッキー

〈材料〉20~30個分
米粉 100g
きなこ 20g
甜菜糖(てんさいとう) 30~40g
オリーブオイル 大さじ4
豆乳 大さじ3
仕上げのココアパウダーかきなこ 適量
〈作り方〉
1.ビニール袋に米粉、きなこ、甜菜糖(てんさいとう)を入れ、良く混ぜ合わせる。
2.粉類が混ぜあわさったらオリーブオイルを入れて良く揉む。
3.全体が混ざったら、豆乳を少しずつ加える。
4.生地を小さく丸めて、天板にオーブンシートをひいたものに並べる。
5.180℃に温めたオーブンで20分ほど焼き、天板ごと外に出して粗熱をとる。
6.ココアパウダーかきなこをまぶして出来上がり。
ココアパウダーなら洋風に、きなこなら和風に。

味重視の方でも満足頂けます、ココアクッキー

〈材料〉約16個分
全粒粉 70g
メープルシロップ 45g
ココアパウダー 10g
菜種油 30g
仕上げのココアパウダー 適量
〈作り方〉
1.オーブンを170℃で余熱しておく。ボウルに仕上げのココアパウダー以外を入れて良く混ぜる。
2.まとまってきたら厚さ1cmの正方形に整える。
3.スケッパーや包丁で16等分にする。
4.焼きあがりが膨らむので間隔をあけて天板にのせ、170℃のオーブンで15~20分焼く。(生地の厚さで、焼き時間は調整する。)
5.焼きあがりが崩れやすいので、天板ごととりだし粗熱をとる。
6.さめたら、ココアパウダーをまぶして出来上がり。

混ぜて焼くだけなので、本当に簡単にできます。家にある材料で手軽にできるので思い立ったらすぐ作れます。ドライフルーツを刻んで入れるとドライフルーツの甘みが加わるので甘みをもっと控える事ができます。是非お試しください。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. グリーンピースとセロリのスープ

    肉なしでも大満足!マクロビ風「カレー」のレシピ

  2. マクロビオティック実践

    疲労回復に効くマクロビ万能ドリンク「梅しょう番茶」の作り方

  3. 糖尿病予防レシピ作り方

    めまいやイライラが治るマクロビレシピ「ぬたあえ」の作り方

  4. マクロビ的理想の朝食

  5. 混ぜて蒸すだけの、簡単なマクロビオティック用蒸しケーキレシピ…

  6. 意外と知らない?マクロビの超定番レシピ「胡麻塩」のポイント