生野菜は身体を冷やす?マクロビ的生野菜の食べ方

疲れたときのマクロビレシピ

パリパリのきゅうり、ジューシーなトマト、香りも食感も良いセロリ、瑞々しいレタスなど生で食べたい野菜がたくさんあります。生野菜は身体を冷やすといわれており、陰性寄りの食べものが多いです。マクロビオテックでは、長年、お肉や魚と同じように、身体を冷やす陰性の効果のある生野菜は控えたほうがよいとされてきました。ですが、近年、生の野菜に含まれる酵素が身体には必要であり生野菜を控えるという考え方はどうなのか、という考え方をする人も増えてきました。

生野菜に含まれる酵素とは?

最近、健康的な食生活や美容、ダイエットなどで食物に含まれる「酵素」が大注目を浴びています。酵素とはどういう物でどういう効果があるのでしょうか。酵素とは私たちの身体の中にも存在するたんぱく質のひとつで体内では分解や代謝の働きに大きく関わる物質です。現在では、3000種類以上の酵素が発見されています。人間以外の動植物、微生物にも酵素を作り出す効果があり野菜や果物、発酵食品といった食べ物にも含まれていたり食品添加物として使用されたり、石鹸や洗剤として幅広く活用されています。酵素の働きは、私たちの身体は、食事で食べたものがそれぞれ酵素の働きによって、栄養素ごとに分解されていきます。例えば、食べ物に含まれるでんぷんは「アミラーゼ」という酵素によってブドウ糖に、脂肪なら「リパーゼ」によって脂肪酸に、タンパク質は「プロテアーゼ」によってアミノ酸に分解されます。元々、人間は体内で酵素を作ることができるのですが、限界があり加齢とともに弱ってきます。酵素量は減少していくばかりなので食べ物に含まれる酵素で補っていくことが大切です。また、酵素を補うには「補酵素」という栄養成分も必要で、これはビタミンB群やナイアシン、葉酸、マグネシウムといったビタミンやミネラルの事です。
これらの補酵素は脂肪や糖質、アミノ酸などをエネルギーに変換する事を助け酵素が持つ働きを最大限に発揮させる効果があります。酵素とともに、補酵素を摂取する事もとても大切です。

酵素が足りないとどうなる?

体内に酵素が少なくなると、消化不良や、消化に時間がかかる事で胸やけや胃痛がおこります。
また、腸内でも善玉菌の活動や繁殖も妨げられ、腸内環境が悪化します。他には、酵素には糖や脂質を分解して吸収する作用がある為、酵素不足になった場合、食後の血糖値の急激な増加やコレステロール値の上昇となり、慢性的な状態が続けば高血糖や高血圧、高血症といった症状に発展する事も考えられます。その結果、血液の上昇やドロドロの血液となり、生活習慣病や動脈硬化のリスクも高めてしまいます。
このような事から、酵素の必要性が問われ、生の野菜を控えていたマクロビオテック生活をされている方も積極的に生野菜を取り入れるようになってきました。
それでも、やはり生野菜が陰性である事にはかわりがありません。そんな時は、是非、鉄火味噌をつけて食べてみてください。
鉄火味噌は、極陽性といわれるくらい陽性の強い食べ物です。これをお酢で伸ばしてドレッシングにする事で中庸に近づける事ができます。是非、サラダにかけて食べてみてください。おつまみにも良く合います。
市販のものもありますが、簡単につくれる鉄火味噌の作り方をご紹介します。

鉄火味噌の作り方
〈材料〉
お好みの野菜 300g(蓮根、ごぼう、にんじんなど根菜がオススメです。)
八丁味噌 300g
ごま油 大さじ3
生姜 1片(みじん切りにしておく)
〈作り方〉
1.野菜をみじん切りにして、ごま油で焦がさないように炒める。(少し水分を残す感じで)
2.少しずつ、八丁味噌をくわえて水分を飛ばしていく。
3.からからになれば出来上がり。
保存は冷蔵庫保存がオススメです。おにぎりの具にしてもおいしいです。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. お子様にも大人気マクロビ風「にんじんケーキ」レシピ

  2. 玄米ご飯と相性抜群!マクロビ風「納豆」レシピ

  3. 鉄分・カルシウム豊富なレシピ

    春の排毒をうながすふき味噌と肩こりに効くふのりのすまし汁

  4. 免疫力アップレシピ

    免疫力アップ!ひじきとこんにゃくの煮物とにんじんしりしり

  5. アミノ酸を補う!食物繊維たっぷりマクロビおかず

    アミノ酸を補う!食物繊維たっぷりマクロビおかずの作り方

  6. ワンプレートレシピでマクロビオティックを実践しよう