栄養たっぷりマクロビ風「トマト」レシピ

野菜

夏野菜といえば、きゅうりやなす、トマトが思いうかびます。マクロビオテックの陰陽の考え方では基本的に夏野菜は陰性が強く身体をゆるめて冷やす力あります。だから暑い夏に食べたくなるのです。そんな夏野菜の中でも、トマトはジューシーで甘みがあり冷やして果物のようにそのままかぶりつきたくなります。トマトにはどんな栄養があるのでしょうか。

トマトの栄養成分

緑黄色野菜の一つでもあるトマトですが主にビタミンAやβ‐カロテンが多く含まれています。これらの栄養素は主に免疫力の向上や抗ガン作用があり、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺の呼吸器系を守る働きもあります。また、トマトの赤い色の元であるリコピンという色素はβ‐カロテンの一種ですが、ビタミンAには変化せずリコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあります。また、トマトには脂肪燃焼の働きもある、リノール酸という成分が含まれていることも近年発見されリノール酸の摂取により肝臓内で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、血糖値が低下する効果もあります。リコピンをはじめとするカロテノイドの吸収率ですが、生野菜からは非常に吸収率が低く、同じ量を収穫したとしても熱を通したりした加工食品のほうが2~3倍のリコピンを吸収しやすい事が明らかになっています。油を使用した料理でも同じことが証明されています。

マクロビオテックでトマトは控えたほうが良い食材?

トマトには様々な栄養があり、健康の為にはトマトをしっかり食べたほうが良いという考え方もありますが、マクロビオテックでは、トマトは控えたほうが良い食材とされてきました。それはトマトが陰性の強い食材であるという理由からです。しかしながら、陰性が強いからという理由だけだと、きゅうりやなすなど、他の夏野菜も同じではないかという事になります。マクロビオテックな食生活においては、動物性たんぱく質や砂糖などの極陰性のものでなければ適量を摂取したほうが身体に良いとされる考え方が現在では一般的になっています。もちろん、この際に食べて頂きたいトマトは旬のもので、農薬などは使われていない露地もののトマトが最適です。水につけた時に沈むトマトは中身もしっかりつまっており陽性にほぼ近いトマトだといわれています。マクロビオテックでは何が良くてなにが控えたほうが良いのかという線引きはとても難しいですがしっかり自分の目で見極めて情報をしっかり取り入れて判断することが大切です。

簡単につくれるトマトソースのレシピ

〈材料〉
ホールトマト缶 1缶(缶の中でかるく潰しておく)
玉ねぎ 1個(みじん切りにしておく)
にんにく 1片(みじん切りにしておく)
味噌 50g
塩胡椒 適量
オリーブオイル 大さじ1
〈作り方〉
1.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを軽く炒めて香りがでてきたら玉ねぎを入れ、軽く塩をして、透明感がでるまで炒める。
2.ホールトマト缶を入れて15分ほど煮詰める。
3.最後に味噌を入れて塩胡椒で味をととのえてできあがり。
味噌を入れる事により、長時間煮込まなくても、トマトの酸味が柔らかくなりコクと旨味が増します。味噌は陽性の調味料の為、陰性のトマトと合わせる事により中庸に近づきます。できれば味噌は、砂糖を使用している白味噌よりも、シンプルな味わいの玄米味噌や豆味噌がオススメです。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビの定番、「かぼちゃ」レシピ

  2. 綺麗になれるマクロビオティックレシピ

    マクロビオティックで妊活ごはんを作ってみよう!

  3. 毎日食べたい!お味噌汁のマクロビオティックレシピ

  4. マクロビオティックスイーツと米粉・ワッフル生地の作り方!

  5. 疲れたときのマクロビレシピ

    疲れた時のおやつに「ドライフルーツのスパイス煮」「豆腐クリー…

  6. 鉄分・カルシウム豊富なレシピ

    ダイエットに効く!デトックス料理レシピ2選!