夏バテに効くマクロビレシピ「なす味噌ペンネ」「無添加タルタルソース」

肉不使用の「ロールキャベツ」「ひよこ豆のコロッケ」の作り方

夏は体を適度にクールダウンしてくれる食材が必要です。それがトマトやきゅうり、ピーマン、なすといった夏野菜。暑さで陽性に傾きがちな体を、陰陽バランスの取れた中庸の状態に調整してくれます。暑い夏には欠かせない食材ですが、マクロビオティックでは陰性要素の強い野菜類です。体調によっては気をつけて食べなければなりません。なかでも陰性要素の強いなすの基本料理「なすのしぎ焼き」を例に、夏野菜の上手な食べ方をご紹介しましょう。

体をクールにしてくれる夏野菜

カリウムが多い夏野菜には、マクロビオティック手当てに向く強いパワーが蓄えられています。血圧を下げ、喉の渇きをいやすトマト。胃腸の不調を改善し、肉食の毒を中和するじゃがいも。炎症を抑え、熱冷ましになるきゅうり。暑い夏は渇いた喉や体をいやしてくれます。清涼飲料水ではなく、夏野菜で水分補給をしましょう。ただし、過食すると体の芯から冷やしてしまいます。冷え性の人は必ず火を通して食べてください。

なかでもなすは陰性が強く、(陰性な)紫色、水分とカリウムが多い、陽性な夏にできる、と三拍子揃ったアクの強い野菜。「秋なすは嫁に食わすな」のことわざ通り、体を冷やす野菜として知られています。「なす紺」と呼ばれる紫紺色の皮に含まれる成分は、ナスニンというアントシアニン系色素で、ポリフェノールの一種です。活性酸素の働きを抑制し、血管をきれいにする効果があります。ぜひ皮ごと食べましょう。

なすと味噌の絶妙なコンビネーション

陰性要素の強いなすですが、しぎ焼きのように、味噌と合わせて調理をすれば、ナトリウムの陽性を体に取り込むことができます。味噌の中でもより陽性な豆味噌を使った「なすのしぎ焼き」は、まさになすの陰性を緩和して中庸に近づけた絶妙のコンビネーション料理。味噌もまた良質の血液をつくる食材です。なすを調理する際はなるべく味噌を使うようにしましょう。

味噌は発酵という陰性のパワーと、塩と時間という陽性のパワーを兼ね備えています。大豆の陰(カリウム)を陽性に転じているため、大きな陽の力を持っているのです。血液をきれいにするのは陽性のパワー、疲労回復には陰陽両方のパワーが働きます。特に、体をすばやく温めて内臓の働きを強化してくれます。暑い夏にこそ、夏バテ防止に味噌汁などにして毎日とりましょう。

マクロビレシピ「なす味噌ペンネ」の作り方

このなす味噌は「なすのしぎ焼き」をアレンジしたもの。ご飯にもよく合います。味噌は形を崩さないで、なすの上にのせて蒸し煮するのがポイントです。なすの周囲に残った味噌(陽)と、なすのうまみ(陰)のコントラストを楽しんでください。マクロビオティックでは基本的に野菜をアク抜きしませんが、なすのエグ味が気になる人は水につけてアク抜きをしてください。

<材料>2人分
なす 4個
ごま油 大さじ2
醤油 小さじ2
豆味噌 小さじ1
水 1/2カップ
ペンネ 150g

<作り方>
1.なすはヘタを取り、2センチ厚さの輪切りにする。

2.醤油と味噌、水を混ぜ合わせておく。

3.鍋にごま油を温め、なすを中火で炒める。

4.なすがしんなりしてきたら弱火にし、なすの上に2をのせ、蓋をして蒸し煮する。

5.汁気がなくなってきたら、全体を木べらで混ぜる。

6.茹でたペンネの上に5を盛りつける。

市販のタルタルソースには、動物性食材や添加物がいっぱい

揚げ物などに添えられるタルタルソース。卵の旨味や玉ねぎなどの野菜の食感や甘みが美味しい洋食の定番ソースのひとつです。マクロビオティックのレシピでも「車麩のカツ」などの揚げ物に少しタルタルソースを添えたいな、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしスーパーなどでタルタルソースの原材料名を見ると、動物性食品や添加物の名前が多く記載されていて、買うのを躊躇してしまいます。まず、最も多く含まれている材料は「食養植物油脂」です。主には大豆油や菜種油のことで、特に記載がない場合は「遺伝子組み換え不選別」です。高温で処理した油(いわゆるサラダ油)であるため、最近問題になっているトランス脂肪酸が含まれている可能性もあります。

また「卵」が含まれているため、原則として動物性食品を食べないマクロビオティックの考え方には反することになります。その他にも、「ブドウ糖果糖液糖」や「ぶどう発酵調味料」「増粘剤(加工でん粉)」「調味料(アミノ酸)」などの添加物が並びます。マクロビオティックを実践している方でなくても、これだけの添加物が入っていることを見ると買うのを躊躇してしまいます。ちなみに「ブドウ糖果糖液糖」は、スポーツドリンクや炭酸飲料、ゼリー、アイスクリーム、ノンアルコールビールなどにも含まれており、危険性が指摘されている添加物のひとつです。それは、まずひとつに糖質が高いということと、トウモロコシから取った高果糖の液体を使っており、遺伝子組み換え作物である可能性が非常に高いということです。それは、加工食品に使われるトウモロコシのほとんどはアメリカからの輸入に頼っており、アメリカではトウモロコシの85パーセントが遺伝子組み換え作物だからです。現在、ガン・アレルギー・不妊症が増えてきており課題になっていますが、こうした状況の原因のひとつになっているのではとも言われています。

 マクロビレシピで「タルタルソース」を作ってみよう

それでは、マクロビオティックのレシピでタルタルソースを作ってみましょう。そもそもタルタルソースには卵(卵黄)が必要というイメージもありますが、マクロビオティックでは動物性食品は基本的には食べません。卵を使わずに、美味しいタルタルソースは作れるのか不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、厳選した素材を使うことで卵を使わなくてもコクと旨味のあるタルタルソースが作れます。手づくりの調味料のいいところは、自分の目で確認した材料でつくるので安心していただけることですね。保存料なども入っていないので、賞味期限は市販のもののように長くはありません。食べ切る分を作るようにしてくださいね。分量は、味を見ながら調整してください。甘味が強い方がお好みの方ははちみつを足してください。

<材料>

木綿豆腐200グラム、りんご酢大さじ1、オリーブオイル小さじ1、マスタード小さじ2、玉ねぎ梅酢子、塩ひとつまみ、白味噌大さじ1/2、はちみつ小さじ1

<作り方>

1豆腐は水切りをしておく。

2豆腐を手でちぎってミキサーに入れる。他の材料も全て加えて、なめらかになるまで撹拌する。

まとめ

ペンネはペン先の形をした筒型ショートパスタ。なす味噌とのからみ具合も抜群です。蝶の形をしたファルファッレや、貝殻形のコンキリエ、らせん状形のフジッリでも試してみたいレシピです。

市販のタルタルソースは、マクロビオティックを実践している人でなくても、添加物が多くて心配な要素がたくさんあることが分かりました。簡単に手づくりできるので、ぜひ作ってみようと思います。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    栄養満点!「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

  2. マクロビの食材で作る体に優しいチョコのお菓子

  3. 消化力を高める料理の作り方

    脳梗塞予防!消化力高める!無糖酵素ドリンクと春菊のくるみ和え…

  4. 旬の野菜オクラ使ったマクロビ料理のレシピ

  5. マクロビでもおいしい麺をさっと作れる「フォー」レシピ

  6. 毎日食べたい!お味噌汁のマクロビオティックレシピ