身体の熱を取るマクロビレシピ「セロリと玉ねぎのサラダ」

マクロビオティックの考え方からみる「セロリ」とは

マクロビオティックでは、食材の陰陽をしっかり覚えることが大切とされています。季節や体質によって、同じ人の身体でも陰と陽の間で変化しており、その時の状態にあった食べ物を取ることが基本になります。では今回のテーマである「セロリ」は、陰性と陽性のどちらの食材でしょうか。答えは、陰性の野菜です。陰性の野菜は、セロリの他には白菜・キャベツ・菜の花・春菊などの葉物や、ナス・キュウリ・トマトなどの果菜、ぜんまい・蕗・蕨・独活・タケノコなどの山菜などがあります。逆に、陽性の野菜は根菜類に多く、ゴボウ・人参・玉ねぎ・大根などが当てはまります。地中に伸びるものや秋冬に旬を迎える野菜は陽性のものが多く、地上で成長したり実るものには陰性のものが多いとも言われています。

セロリは陰性の野菜なので、夏の暑い時期や身体に熱がこもりやすい方が食べるのに向いています。日本でよく紹介されているマクロビオティックレシピは、身体を温める秋冬のレシピが多いです。冷えやすい方や秋冬に食べるのにはぴったりですが、夏に身体を温める料理ばかりを食べていると体調を崩してしまいます。また、極陽性と言われるお肉や甲殻類、卵などを食べる方の場合には、マクロビオティックではよく「大根おろしを一緒に食べると良い」と言われていますが、セロリやキュウリ・レタスなどの陰性の強い野菜を一緒に食べるのもおすすめです。極陽性の食材を食べると身体に熱がこもるので、それを陰性の強い野菜を食べることで中和する、という考え方です。ただしセロリは、冷え性の方や冬場など寒い時に食べるのには、向いていません。

 マクロビオティックレシピ「丸ごとセロリと玉ねぎのサラダ」

マクロビオティックで大切なことは、「陰陽を覚える」ことの他に、「一物全体(丸ごといただく)」ことです。セロリは、茎の部分だけを使って葉を捨ててしまう方も多いようですが、葉も食べるのがマクロビオティックの考え方です。今回は、セロリの茎も葉も丸ごといただけるマクロビオティックレシピをご紹介します。作ってしばらく置いて味がなじんできた時に食べるのもおすすめです。作り置きもできるので、忙しい時にまとめて作って、朝ごはんやお弁当のおかずなどに食べるのはいかがでしょう。

<材料(2~3人分)>

セロリの茎1本分、セロリの葉1本分、玉ねぎ1/3個、すりごま小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩ひとつまみ

<作り方>

1セロリの茎は斜めの薄切りにする。塩を加えてもみ、しばらく置く。出てきた水分を絞る。

2玉ねぎは薄くスライスし、水にさらす。しばらく置いて、ザルにあげて水気を切る。

3鍋に湯を沸かして、沸騰したらセロリの葉を入れさっとゆでる。荒熱を取ってから水気を絞り、2~3センチ幅に刻む。

4ボウルに1~3を入れて、しょうゆとすりごまで味をととのえる。

まとめ

「セロリ」は、香りが良く身体を冷やす作用があり、夏のお料理にもぴったりです。夏でも冷えやすい方は、しょうがなど身体を温める香味野菜と組み合わせたり、炒める・茹でるなど加熱調理をしていただくといいですね。今回のマクロビオティックレシピは、普段あまりがちな葉も使える料理なので重宝しそうです。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. グリーンピースとセロリのスープ

    肉なしでも大満足!マクロビ風「カレー」のレシピ

  2. 玄米ご飯と相性抜群!マクロビ風「納豆」レシピ

  3. マクロビの定番、「かぼちゃ」レシピ

  4. 秋こそマクロビオティックでデトックスーもう風邪なんて怖くない…

  5. 消化力を高める料理の作り方

    脳梗塞予防!消化力高める!無糖酵素ドリンクと春菊のくるみ和え…

  6. 我慢しなくても大丈夫!簡単に作れるマクロビ風「おやつ」