マクロビオティックの簡単なレシピ集!汁物からスイーツまで!

マクロビオティックは、元々日本で生まれた食事法です。その為和食を中心としていることから、日本人にとっては簡単で身近なメニューが多くあります。

野菜しか食べられない、といった制限では無く、肉や魚も禁止されていません。
自然のままに食べる(工場での加工を殆どしていない)のであれば、問題が無いのです。

例えば最も簡単なマクロビオティックレシピに
「玄米の炊き方」があります。
主食となる玄米を上手に炊けるようになれば、まずマクロビオティックで躓きやすい段階を、一つクリアしたことにもなります。それほど単純で難しいのが「玄米の炊き方」なのです。

コツはチリヤホコリを洗ってちゃんと取る。
もみ洗いをきちんとする。
必ず六時間以上浸水する。
(炊飯器の玄米モードで、玄米二合に水600ミリリットルを入れる)
炊きあがり後、十分以上蒸らし、固い場合は浸るくらいの水を入れて、炊き直す。

以上の簡単なレシピで、美味しい玄米ご飯を食べることができます。
玄米はマクロビオティックでの重要な主食となるので、覚えておくと、マクロビオティックが劇的に変わってきます。

マクロビオティックを実践する為の簡単なレシピ-汁物

マクロビオティックで玄米と共に定番となるのが、汁物です。

野菜をたっぷり入れたり、日常でも作られる具材が多い味噌汁も良いのですが、スープとして多国籍の具材を入れる方法もあります。しかしマクロビオティックでの注意点として、肉や魚からとったダシを使うことができないという点があります。それを解決するために、基本の昆布と椎茸でとっただし汁を使います。

このだし汁を作っておくと、塩や乾燥わかめを足したり、かぼちゃや豆乳を使って和風洋風と汁物の幅が広がります。作るときも通常スープを作る時と同様です。

作るときは水にダシ昆布と干ししいたけを入れて、冷蔵庫で一晩寝かせるだけで簡単に作ることができます。
分量は水1リットルに対して、だし昆布10センチと干し椎茸3個となります。

マクロビオティックを実践する為の簡単なレシピ-おかず

マクロビオティックで作るメインのおかずは、野菜を中心としたものです。肉や魚を多く利用しない代わりに、テンペ(大豆で出来た肉の代用品で、発酵させて作られている)やソイミートといった代用品、豆腐で作られています。また副菜として作り置き出来る和え物や煮物を用意する場合もあります。

ここではテンペのドライカレーをご紹介します。

用意するものはテンペ100グラムに対して
玉ねぎ、マッシュルーム、セロリ、にんじん2分の1個
他、オリーブオイル、カレー粉、味噌を少しと、ダシ汁・水1カップです。香り用の月桂樹の葉や醤油、りんごジュースも隠し味として利用します。

野菜をみじん切りに、テンペは2センチくらいの四角に切ります。
みじん切りにした玉ねぎをよく炒めて、甘みを出します。
甘い匂いがしてきたら他の野菜をいれてゆっくり炒めた後、テンペを加えて炒めます。
水を入れて月桂樹を入れたら、ひと煮立ちさせて、調味料を入れます。

たんぱく質が取れるため、満足感の大きな食事が出来ます。

マクロビオティックを実践する為の簡単なレシピ-スイーツ

マクロビオティックでは「甘いものは食べられない」という決まりでしたが、近年では乳製品と卵、白砂糖を使わないで作ることで、マクロビオティック実践中も食べられるデザートにしたスイーツです。

利点としては手間のかかる工程が殆どないため、混ぜるだけで出来上がるレシピも多いことが挙げられます。米粉や全粒粉を使うことで、加工された小麦粉を避けることが可能になるため、パンやケーキと言った満足感を得られるスイーツが殆どを占めます。

簡単なレシピとして、豆腐といちごのムースケーキをご紹介します。

水50ccに粉寒天を入れてふやかして、いちごと豆腐、葛粉、レモン汁、岩塩、メープルシロップを入れてミキサーで撹拌します。
撹拌したものを沸騰寸前まで温めて2分、粗熱をとって型に入れて冷やすだけです。

マクロビオティックを実践する為の簡単なレシピ-まとめ

マクロビオティックのような専門的な言葉があると、どうしても難しいものを作らなければならないという先入観が出てきます。しかし実際は日本人に合った食事方法がベースになっているため、専門的なレシピを必要としません。

簡単なレシピが非常に多く、より手軽で美味しい食事にすることも可能です。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 卵、乳製品不使用!簡単スイーツ マクロビケーキのレシピ

  2. つわり・生理痛対策のマクロビレシピ

    つわり・生理痛対策に!マクロビオティックレシピ

  3. アミノ酸を補う!食物繊維たっぷりマクロビおかず

    未病やアレルギー対策にも、マクロビレシピ「陰陽重ね煮」

  4. 糖尿病予防レシピ作り方

    めまいやイライラが治るマクロビレシピ「ぬたあえ」の作り方

  5. 疲れたときのマクロビレシピ

    生野菜は身体を冷やす?マクロビ的生野菜の食べ方

  6. マクロビオティックで簡単に作れる和菓子