ビタミンB12不足を補うマクロビ「海苔のつくだ煮」の作り方

ミネラル豊富な海藻類の中で、A、B12、Cなどのビタミン類にも恵まれている海苔。なかでも造血にかかわるB12は、動物性食品を避けるマクロビオティックでは摂りにくい栄養素です。その点、海苔は1日1枚で必要量をカバーする貴重な食材。なぜマクロビオティックが動物性食品を避けるのか、なぜ海苔がビタミンB12不足を補うのか。その理由と海苔の偉大な栄養素、海苔を毎日食べるためのレシピをご紹介しましょう。

動物性食品を避ける理由

マクロビオティックでは、肉、卵、乳製品といった動物性食品を避けます。主な理由の一つに、食べものを陰陽のものさしで測っているから、というのがあります。食べものを大きく分けると、植物性食品の「陰性」に対して、動物性食品は「陽性」、その中間の中庸にあるのが「穀物」です。

陰と陽は結びつきやすく、陽と陽は反発し合います。そのため、陽性な動物である人間が、陽性な動物性食品を食べると、体の中で反発し合い、心身のトラブルの元凶となってしまいます。マクロビオティックで「肉や魚介、卵、乳製品などはほとんど必要ありません」「穀物と野菜を中心に食べましょう」と言っているのは、こういうわけです。

日常的に摂りたい海苔の栄養

肉や魚介、乳製品に多く含まれ、野菜にはほとんど含まれていない栄養素、それがビタミンB12です。「赤いビタミン」の別名通り、鉄分の吸収を高め、赤血球の生成に作用する造血ビタミンで、脳や神経の修復にも役立つ成分です。必要摂取量はきわめて少ないものの、不足すると貧血を起こしやすくなり、だるさやめまい、手足のしびれ、肩こり、腰痛などを招きます。

ビタミンB12は海藻類の海苔や岩海苔、青海苔などに含まれます。海苔にはその他、骨や歯を丈夫にし、イライラを解消するカルシウム、発育や造血に欠かせないタンパク質、貧血を予防する鉄分やホルモンを正常化する亜鉛などのミネラル、カロテン、カリウム、食物繊維などがたっぷり含まれています。焼き海苔を1日1枚食べるだけで、ビタミンB12の摂取不足を補うことができるほど栄養価が高いので、菜食主義の人は日常的に食べるとよいでしょう。

マクロビ常備菜「海苔のつくだ煮」の作り方

カルシウムや脂肪分の豊富な炒りごまと合わせることで、パーフェクトな美容食になります。貧血気味な人におすすめ。ごま油少々とすりおろしたにんにく1/2かけ分を加えれば、おいしい韓国風の海苔のつくだ煮になります。

<材料>(作りやすい分量)
焼き海苔 3枚(細かくちぎる)
水 3/4カップ
しょうゆ 大さじ2
炒り白ごま 小さじ2
しょうが 少々(千切り)

<作り方>
1.鍋に焼き海苔と水を入れて中火にかけ、沸騰したらふたをして、弱火で6分間煮る。

2.1にしょうゆを入れ、ふたをしてさらに5分間煮る。

3.木べらで混ぜながら水分を飛ばし、もったりしてきたら針しょうがを加えて煮切り、器に盛ってから炒りごまを全体に混ぜこむ。

まとめ

立派な大根葉が手に入ったら、細かく刻んだ大根葉とちぎった海苔をしょうゆであえてみましょう。大根葉の葉酸が赤血球をつくり、海苔のビタミンB12がそれを助けます。新鮮な血液をつくる最強の造血レシピができあがり!あつあつのご飯にのせて、ぜひ食べてみて。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    食品添加物ゼロで安全なマクロビ「めんつゆ」の作り方

  2. アミノ酸を補う!食物繊維たっぷりマクロビおかず

    デトックスに!マクロビオティックレシピ「切り干し大根の煮物」…

  3. 夏野菜たっぷり!生姜の力で夏を乗り切る!マクロビ風「ポトフ」…

  4. 抜け毛予防に効くマクロビレシピ「あわのポタージュ」の作り方

  5. 玄米ご飯と相性抜群!マクロビ風「納豆」レシピ

  6. 免疫力アップレシピ

    マクロビ風おいしい味噌汁の作り方