アレルギー対策にも!マクロビレシピ「米粉クレープ」

マクロビオティックとグルテンフリー

小麦粉にアレルギーのある人ばかりではなく、最近では小麦粉を食べない「グルテンフリー」という健康法がブームになっています。セルビアの人気テニスプレーヤーのジョコビッチ選手もこの「グルテンフリーダイエット」を実践していることが話題になり、グルテンフリーブームに拍車をかけています。グルテンとは、小麦やライムギなどに含まれているたんぱく質の一種で、食材の粘りや弾力を出すはたらきがあります。うどんのもちもちとしたコシも、このグルテンのはたらきによるものです。グルテンはアレルギーを起こす可能性のある物質のひとつで、もともと「グルテンフリー」という食事法はセリアック病など腸の病気を持つ方向けに開発された方法だったのですが、その健康効果は健康な人にも当てはまることが認められ、美や健康に意識の高い人たちの間で広まりました。

グルテンフリーと言うと「健康に良さそう」というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかしもともと小麦は特に欧米では古くから食べられていた食材のひとつ。栽培が始まったのは1万年前ともされており、なぜ今頃になってグルテンフリーが叫ばれているのか疑問を持つ方もあると思います。それは、小麦粉やグルテン自体が悪いというよりも、小麦粉が何度も品種改良されていたり、農薬や輸出する際のポストハーベスト問題などが懸念されていることによります。現在スーパーなどではとても手軽な価格で小麦粉を購入することができますが、その背景にはこうした問題が影をひそめていることを忘れてはいけません。

 マクロビオティックレシピ「米粉クレープ」を作ってみよう!

もちろん、小麦粉と一口に言っても、さまざまな種類があります。古代小麦を使ったものや、国産の小麦粉なども少し値は張りますが購入できますが、最近見直されているのは私たち日本人が昔から主食として食べてきた米を使った「米粉」の存在です。米粉を使ったお菓子も、いろいろなバリエーションが登場しています。そこで今回は、マクロビオティックレシピで米粉クレープを作ってみたいと思います。小麦粉を使うのと比べて、もちもち感が出るのがポイントです。おやつには手づくりのジャムやソテーした果物を挟んだり、蒸した薩摩芋や南瓜などを挟んでも美味しくいただけます。また豆腐や野菜をグリルしたものを挟めは、「ガレット」のような食事系のクレープにもなります。

<材料(作りやすい分量)>

米粉50グラム、水250㏄、塩ひとつまみ、なたね油小さじ1~2

<作り方>

1ボウルに全ての材料を入れてよく混ぜる。

2フライパン(テフロン加工のものなら油はひかないか、もしくは少量でOK)に、1の生地をおたまですくって流す。

3焦げ目が付いてきたらひっくり返し、反対の面も焼く。

 まとめ

今回使った米粉は市販品もありますが、米をミルサーなどで粉砕することで簡単にてづくりすることができます。また、米粉の代わりに、そば粉や玄米粉を使っても素朴な風味が楽しめて美味しいです。すぐに食べない場合は、皿の上に焼いたクレープの皮を並べてその上ラップにかぶせておくと、もちもち感を保つことができます。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビオティックの人気レシピと献立の具体例を紹介!

  2. 野菜

    簡単野菜スープと、おいしい!マクロビオティックメニュー

  3. グリーンピースとセロリのスープ

    肉なしでも大満足!マクロビ風「カレー」のレシピ

  4. 免疫力アップレシピ

    腎臓機能を強化するマクロビレシピ「大根なます」の作り方

  5. 元気を付けるマクロビレシピ「手づくりマヨネーズ」

  6. 玄米ご飯と相性抜群!マクロビ風「納豆」レシピ