果物を使ったマクロビレシピ「2色なます」「りんごの葛練り」

果物を使ったマクロビレシピ

果物の正しい食べ方

果物はカリウムやビタミンCが多く、体内のナトリウム(陽性)を消してクールダウンさせる働きがあります。特に酸味の強い果物は、タンパク質や脂肪を分解し、代謝のサイクルを円滑にする力を持っています。特に動物性食品を食べすぎて体が酸化している場合は、果物に含まれる酸が血液の浄化に役立ちます。肉や魚、卵、乳製品をたくさん食べてきた人は、酸味の強いりんごやみかん、柿、きんかんなど、日本に昔からある旬の果物を少量食べ、体のバランスを整えましょう。

食べすぎると果糖の摂りすぎになり、中性脂肪が増える原因を作ります。また、果物を食べすぎると冷え体質になってしまいます。もともと陽性ではない体質の人は、果物の量を加減してください。陰性に傾いている場合は、控えた方が無難です。通常、生で果物を食べる場合は、その果物の持つ陰陽を考える必要があります。例えば、バナナやパイナップルなど南国の果物は陰性が強く、暑い夏をしのぐには向いています。しかし、1年を通して常食するのはおすすめできません。

国産の果物を丸ごと食べる

四季豊かな国に暮らす日本人の体は、季節に応じて変化しています。日本にいながら熱帯地方の果物を食べるのは、体を冷やし、血液を薄くする原因となるので注意が必要です。日本人は日本で収穫できる作物を、季節に応じて食べるようにできています。これがマクロビオティックの「身土不二(しんどふじ)」の発想です。果物にも収穫地と収穫期があります。その土地の風土や気候に合わせて、収穫時期においしくいただくのが1番です。りんごは秋、みかんは秋から冬にかけて、季節のものを食べるようにしましょう。

みかんのビタミンCは風邪予防にぴったり。クエン酸は脂肪やたんぱく質を分解し、魚の毒消しになります。干した皮は冷え改善や咳止め、健胃に効果があります。なお、捨ててしまうことが多い袋や筋には、ビタミンCの吸収率を高め、毛細血管を強くするビタミンPが含まれています。また、みかんのオレンジ色の成分、β−クリプトキサンチンには、ガンを抑制する効果があるとされています。地元産の作物を丸ごと食べるのがマクロビオティックの基本ですが、みかんも丸ごと食べるのがポイントなのです。

マクロビおせち「2色なます」の作り方

みかんの甘みと酸味を酢代わりに、料理の味つけに活用します。レモン汁はゆず汁に代用しても良いでしょう。その場合は大さじ1に分量を増やしてください。みかん汁やゆず汁は酢の代わりにドレッシングに利用することもできます。あれば干し柿を1個加えると、よりお正月らしく、甘みがプラスされたなますになります。

<材料>2〜3人分
大根 8cm
人参 1/2本
塩 小さじ1/2

みかん 1個
醤油   大さじ1/4
レモン汁 大さじ1/2
ゆずの皮 少々

<作り方>
1.大根は薄く桂むきにして千切りにする。人参も細い千切りにする。

2.1に塩をまぶしてしんなりさせる。

3.絞ったみかん、醤油、レモン汁を合わせる。

4.2と3を和えて、千切りのゆず皮をちらす。

お手当とは?「りんごの葛練り」とは?

マクロビオティックで大切なことは、陰陽の考え方をもとにその人の体質や体調、季節に合ったお料理をつくること。マクロビオティックの料理を食べ始めて「調子が良くなった!」という方もたくさんいらっしゃいます。身体の調子を整えたい時に使うのが「お手当(おてあて)」です。「お子さんが熱を出したけれど薬には頼りたくない」「便秘薬を飲むのではなく、便秘気味の体質を根本的に改善したい」という時にもマクロビオティックのお手当は活躍します。基本的には使う材料は身近な食材なので、よく分からない薬を飲むのに比べれば、不安に思う気持ちも少なくなります。ただその分、効果が緩やかな場合もあります。マクロビオティックの得意な分野と西洋医学の得意な分野がありますので、その時の症状に応じて、使い分けるのがおすすめです。

さて、マクロビオティックの代表的なお手当を少しご紹介します。例えば「熱が出たときにキャベツの葉を頭に乗せる」という方法です。キャベツが身体の熱を取ってくれるとされています。あるいは身体が冷えているときなどには「こんにゃく湿布」や「しょうが湿布」という方法もあります。こんにゃく湿布は、鍋でアツアツになるまでこんにゃくを煮て、それをタオルにくるんで患部にあてるという原始的な方法です。使い捨てのホッカイロとは違い、じんわりと身体が温まります。こんにゃく湿布を患部に当てると、あてている部分だけでなく背中や手足などまでじわじわ温まるのが特徴です。その他、腰痛や肩こりなどの痛みや、子宮筋腫やがんなどの改善のために、「里芋パスタ―」という茹でてつぶした里芋をガーゼにくるんで患部にあてるという方法もあります。茹でてつぶすという作業が面倒という方には「里芋粉」というものが売られていますので、利用するのもおすすめです。

 マクロビオティックのお手当「りんごの葛練り」

では、マクロビオティックのお手当の「りんごの葛練り」をご紹介します。これは、美味しくて、お子さんのおやつ代わりにも食べやすい味です。消化力を高めて毒素を出してくれるので、便秘の時や風邪の引きはじめなどにもおすすめです。りんごは発熱時のお手当としてよく使われます。すりおろしたものを食べさせるのも良いですが、葛と組み合わせることでさらに効果が高まります。りんごの搾り汁は、腎臓にはたらくとされており、腎臓の酸化を抑えて、腸の熱を取ってくれます。作りたてを暖かいまま食べるのも美味しいですし、冷やしてゼリーのように固めたものを食べるのもどちらでも大丈夫です。

<材料(2人分)>

りんご:1/2個、水:1/4カップ、本葛粉:大さじ1、自然塩:ひとつまみ

<作り方>

1.りんごはすりおろす。

2.鍋に全ての材料を入れて、弱火にかける。

3.木べらなどでよく混ぜながら加熱し、とろみが付いて透明になってきたら出来上がり。

4.お好みではちみつなどを加えていただく(冷えやすい方は生姜すりおろしを加える)。

まとめ

冬はみかんが出回る季節。ちょうどおせち料理を作る時季に、旬のみかんを活用できます。みかんの皮を天日で干して入浴剤にすると元気になり、風邪をひきません。

マクロビオティックのお手当にはいろいろな種類がありますが、その中でも手軽にできるのが今回の「りんごの葛練り」。少し体調が悪いなと感じたら、早めのお手当で体調を整えたいですね。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビオティックには和食が最適!基本のレシピを知ろう!

  2. マクロビ風3種の肉団子

  3. 身体の熱を取るマクロビレシピ「ココナッツミルクプリン」

  4. 栄養たっぷりマクロビ「金時豆のミネストローネ」の作り方

  5. マクロビオティック対応ロールキャベツのレシピをご紹介!

  6. 綺麗になれるマクロビオティックレシピ

    のどの痛みに効くマクロビ手当て食「れんこん湯」の作り方