お腹の調子をととのえる!キレイになれるマクロビレシピ

綺麗になれるマクロビオティックレシピ

こんにゃくは昔ながらの薬効食品

おでんにすき焼き、こんにゃくは地味ながらも名脇役として、日々の食卓を飾っています。でも、こんにゃくにはお腹の調子をととのえるだけでなく、体内の老廃物や毒素を排泄するという、すごいパワーがあるのをご存知ですか?ガンや糖尿病予防にも効果があるというこんにゃく。もっとその効能を知って、どんどん毎日の食生活に取り入れましょう。

こんにゃくはその昔、「砂払い(整腸)」の薬効として、中国から輸入されました。日本で食品として確立したのは鎌倉時代と言われています。こんにゃくを食用としているのは日本のほか、中国、ミャンマー、韓国などのアジア各国に限られますが、最近は低カロリーの健康食品として人気を呼び、欧米など世界的にも注目される食材になってきました。

マクロビオティックでは、こんにゃくの不要物を体外に出すという排出作用に注目し、いろいろな料理に使います。料理に使う際は、基本的に塩もみや下ゆでなど、陰をぬく下ごしらえをします(料理によっては、塩もみをしません)。また、お腹や腎臓(腰回り)が痛む時など、こんにゃくを温めた湿布をあてて治す外用手当て法もあります。

豊富な食物繊維と酵素で毒素を排出

こんにゃくは97%が水分で、残りがグルコマンナンという食物繊維です。このグルコマンナンは水溶性食物繊維ではありません。体内では分解されないまま腸に運ばれるため、便の量を増やし、腸の中の有害物質を排出します。こんにゃくが昔から「砂払い」「お腹の砂おろし」「胃のほうき」などと呼ばれるのは、実にこういうわけなんですね。

また、こんにゃくの食物繊維と特殊酵素は、体内の有害物質を排出するという働きの他、血中コレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きもあります。便秘解消に役立ち、腸内環境が改善されるので大腸ガン予防にも期待が寄せられています。体内の毒素を追い出してくれる低カロリー食品、こんにゃく。家族の健康のために、ぜひ毎日の食卓に一品プラスしてください。

マクロビ食箋「炒りこんにゃく」の作り方

陰性の強いこんにゃくを陽性化する調理は、「塩をまぶす」「圧力をかける」「下ゆでする」ですが、この「炒りこんにゃく」の場合は、よく炒ることで陰をぬくので事前の下ごしらえは必要ありません。田楽やおでんのように、こんにゃくをふわっとさせたい料理の場合も、下ごしらえの塩もみは不要です。

<材料>2〜3人分
こんにゃく 1/2枚
自然塩 ひとつかみ
ごま油 小さじ1
赤唐辛子 1/2本

豆みそ・麦味噌 各大さじ1/2ずつ
しょうゆ 小さじ2
水 大さじ1と1/2

<作り方>
1.こんにゃくを薄い短冊切りにし、塩をふってもみ、洗って水気をきる。

2.熱したフライパンに1を入れてカラ炒りし、十分に炒りつけたところにごま油を加える。

3.豆みそと麦みそ、しょうゆ、水を合わせたものをざっとからめる。小口切りした赤唐辛子をふり入れて仕上げる。

ヘルシー食材「おから」のひみつ

おからと言えば、ヘルシー食材の代表選手ですね。100グラムあたりのエネルギーは111カロリーで、たんぱく質が6.1グラム、脂質が3.6グラム、炭水化物が14.6グラム含まれています。ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。また食物繊維はなんと11.5グラムも含まれ、食べ応えがあり、便秘予防やダイエットにも最適な食材と言えます。豆乳をつくるときのお豆の搾りかすなので、比較的値段も安く、節約したい時にもおすすめの食材です。ただ、傷みやすい食材のため、購入したら冷蔵庫で保存し早めに食べ切るようにしましょう。もしすぐに食べ切れない場合は、小分けにして冷凍保存することもできます。小分けにしておくと、少量使いたい時にも便利です。

そんな優秀なヘルシー食材「おから」ですが、昔ながらの和食のレシピ「卯の花」くらいしか料理を思い付かないという方も多いのでしゃないでしょうか。そこで今回はおからを使ったマクロビオティックレシピを紹介します。マクロビオティックは「一物全体食(いちもつぜんたいしょく)」と呼ばれ、素材を余すところなくいただく食べ方を大切にしています。おからの使い方の例で言えば、コロッケやハンバーグにしたり、お味噌汁やスープに混ぜたり、ポテトサラダ風のサラダを作ったり、クッキーなどの焼き菓子やケーキにも使うことができます。素材自体にクセがないため、いろいろな食材と合わせやすいのが特徴です。

 ヘルシー食材「おから」を使った、マクロビオティックレシピ

マクロビオティックでは動物性のものを使いませんし、小麦粉などもあまり使いません。小麦粉は水と混ざると腸にこびりついて、便秘などの原因になるとされています。特にパンやクッキー・ケーキなどの「焼いた小麦粉」はその影響が強いとされています。そこでその代わりに使うのが、米粉です。しかし米粉だけで作ったケーキやクッキーなどはギシギシと硬くて食感が悪くなりがちです。そこで登場するのが、おからです。米粉におからを加えることで、卵やバターなどを使わなくても食感のよいマクロビオティックのケーキが作れます。冷えやすい方は、しょうがのすりおろしなどを少量加えてつくるのもおすすめです。作って数日間は美味しくいただけます。

<材料>パウンドケーキ1本分

米粉:90グラム、おから:60グラム、バナナ:小1本、豆乳:50㏄、アーモンドプードル:50グラム、本葛粉(無ければ片栗粉で代用OK):大さじ2、てんさい糖:大さじ2、ベーキングパウダー:4グラム、塩:ひとつまみ、ミューズリー(無くてもOK):少々

<作り方>

1.米粉とおから、葛粉、ベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜる。

2.別のボウルに、バナナを入れてマッシャーなどでつぶしておく。豆乳・てんさい糖・塩を加えて混ぜる。

3.1に2を加えて、全体をさっくり混ぜる。

4.3の生地をパウンドケーキの型に流し込みミューズリーを振って、オーブンで20~30分焼く。

5.つまようじなどを指してみて、何もついてこなければできあがり。

まとめ

こんにゃくはキューキューと音がするほど、根気よくしっかり炒めると、水分やアク(陰)が抜けて本当においしくなります。できれば生芋が使われたこんにゃくでつくってみましょう。こんにゃくいもとワラ灰だけでできたこんにゃくならベストです。

おからと米粉は相性抜群なので、パウンドケーキ以外のお菓子作りにも応用できそうだと感じました。同じような分量で蒸しパンやホットケーキなども試してみたいと思います。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 若々しさを保つマクロビおやつ「砂糖なしチョコレート」

  2. 毎日食べたい!お味噌汁のマクロビオティックレシピ

  3. 疲れたときのマクロビレシピ

    旬の夏野菜でつくるマクロビ風「ラタトゥイユ」の作り方

  4. 旬を味わうマクロビレシピ

    自然の甘みを楽しむ旬を味わう!マクロビレシピ

  5. マクロビの超定番レシピ「玄米ごはん」をもっと美味しく!

  6. 抜け毛予防に効くマクロビレシピ「あわのポタージュ」の作り方