「梅」は万能調味料!梅で広がるマクロビレシピ

梅雨の季節、スーパーなどでも青梅が出回ります。昔から、日本人は「梅」を食生活に取り入れてきました。マクロビオテックにおいても、「梅」は調味料や食材として取り入れやすい食品の一つです。上手に取り入れる事で、「梅」のパワーを存分に受け取りましょう。

「梅」のパワーのもとクエン酸

民間療法として昔から活用されてきた梅干しなどの梅製品には、数々の薬効があることが科学的にわかってきました。梅の薬効は、その酸っぱさの元であるクエン酸をはじめとした有機酸の働きで、その働きは殺菌や防腐作用だけでなく、疲労回復や食欲不振の回復、下痢や便秘の改善にも役立つとされています。「梅」が下痢や便秘にも効果があるのはクエン酸の働きの一つに腸の働きを正常化するという優れた整腸作用があります。「梅」を食べると胃酸の分泌が良くなって、消化吸収力が高まります。腸の動きが盛んになる為、不溶なものが体外に排出されて便秘解消につながります。また、腸内の悪玉菌の繁殖を抑えてくれるため下痢がおさまります。「梅」を使った代表的な食べ物である梅干しは陰性の青梅と陽性の塩を使った陰陽調和食であるために、便秘と下痢という真逆の症状に効果があります。クエン酸は他にも疲労回復効果があります。クエン酸が身体の中でうまく機能しないと、疲労物質である乳酸やビルビン酸がどんどん溜まって不調がでてきます。特に、運動の後や精白食品(白米・白砂糖)などを食べた後には疲労物質が身体にたまるといわれています。そんな時に、「梅」製品を取り入れるとクエン酸の働きが身体の中で活性化し疲労物資が燃焼されて疲労回復につながります。

クエン酸以外の梅の効果

たとえば、歯痛の時には頬や歯茎に頭痛の時にはこめかみに梅干しを貼ると痛みが和らぐという言い伝えがあります。これは、「梅」に含まれている安息香酸という鎮痛成分の効果だそうです。それ以外にも酸性化した血液を弱アルカリ性に戻す血液浄化作用や、免疫細胞の活性化、カルシウムの吸収率の向上、体内の老廃物や脂肪を排出するデトックス効果、抗アレルギー作用、肉や魚などの臭いのもとであるアミン臭を中和して取り除き体臭なども予防する効果などがあります。

「梅」を使った様々な調味料のレシピ

梅醤油
(材料)
青梅 適量(梅干しや、梅ジュースの際に使えなかった傷のものでOK)
醤油 適量
上記の青梅が入る大きさの瓶(中を煮沸消毒するかアルコールで拭いておく)
〈作り方〉
1. 青梅は洗って水気を拭いて、なり口を竹串などでとっておく。
(早くエキスを出したい場合は青梅を凍らすと早くできます。)
2.瓶に青梅を入れて醤油を注ぐ。
3.冷暗所で保管
1か月くらいから使えますが、4か月くらいするとしっかり「梅」の風味もでてきます。
野菜のおひたしやつけだれなど、使い方は無限大。
中の「梅」は種をとって刻んで、混ぜご飯などに使えます。

梅味噌
〈材料〉
梅(青梅でも完熟梅でもOK) 適量
味噌(何味噌でも良いですが、西京味噌など甘いものはNGです) 適量
上記の材料が入る広口の瓶か琺瑯容器(中を煮沸消毒するかアルコールで拭いておく)
〈作り方〉
1.「梅」は洗って水気を拭いて、なり口を竹串などでとっておく。
2.広口の瓶や琺瑯容器に、「梅」と味噌を交互に入れて最後は味噌で全体を埋める
3.数日で水気が出てくるので全体を清潔なスプーンなどで混ぜて、また数日置く
4.3を繰り返し1か月くらいで出来上がりです。
きゅうりやにんじん、セロリなどをそのままつけてもおいしいですし、少量の酢やみりんで伸ばしてタレ状にして温野菜にかけるのもオススメです。
中の「梅」はそのまま食べても良いですが、お味噌汁に落としたりきざんで味噌に混ぜ込んでも食感が変わっておいしいです。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビオティックの簡単なレシピ集!汁物からスイーツまで!

  2. 旬を味わうマクロビレシピ

    自然の甘みを楽しむ旬を味わう!マクロビレシピ

  3. 砂糖不使用でもおいしい!マクロビ風クッキーレシピ

  4. 免疫力アップレシピ

    免疫力アップ!ひじきとこんにゃくの煮物とにんじんしりしり

  5. マクロビオティックのカレーはスープもルーも肉なしでもおいしく…

  6. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    マクロビオティックの簡単でおいしいお惣菜の作り方!