糖尿病の改善と予防に!「ブロッコリーのシチュー」の作り方

糖尿病予防レシピ作り方

糖尿病は一度発症すると完治が難しい病気で、治療するにはインシュリンの投薬を続けるしかないと言われています。
しかし発症する原因がかなり詳細になってきて、予防や改善には食事療法が効果的なことも分かってきました。
その中で注目されているのが、糖尿病の治療におけるマクロビオティックの効果についてです。

マクロビオティックでは砂糖、果物、ジュース、ケーキ類やスナック菓子、乳製品といった体を冷やす食品を避けます。糖尿病など生活習慣病を予防するためにも、これらの食べものは避けたいところ。砂糖がもたらす害や病気の恐ろしさを知れば、食生活の改善は必須とおわかりいただけるでしょう。糖尿病にならないために気をつけるべきこと、予防効果のある食べものは何か。レシピとともにご紹介します。

糖尿病とは

近年日本人でもかなり多くの人が悩まされている糖尿病は、簡単に言うと血液中の糖分濃度が必要以上に高くなってしまう病気です。
糖尿病には体質的にほとんどインシュリンを作り出せない「1型糖尿病」と、インシュリンの分泌量が少ないか質が悪いという「2型糖尿病」の2つのタイプがあります。
糖尿病全体のおよそ95%が2型糖尿病であり、生活習慣病にも分類されています。

私たちが食事をすると、食べた物は胃や腸で分解・吸収された後、ブドウ糖として血液中に放出されます。
この時にブドウ糖は膵臓から分泌されるインシュリン(体内ホルモンの一種)の助けを借り、細胞の中に入ってエネルギーとなります。
ところがインシュリンの分泌に異常が生じると、ブドウ糖が細胞内に吸収されず、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が高い状態が続いてしまいます。
その結果高い糖分によって血管が傷ついたり、合併症を発症するなどさまざまな二次的障害が発生するのです。

簡単な説明になりましたが、これが糖尿病発症のしくみです。

激増する糖尿病の原因

糖尿病は生活習慣病の一つで、糖の代謝異常によって起こる恐い病気です。今や国民病と言われるほど、患者数は激増しています。40代以上の中高年だけでなく、20代〜30代、子供達にも発症するため、年齢とは無関係と考えられています。なぜこれほどにまで患者が増えてしまったのでしょう?

原因の一つに、食生活習慣の悪化があげられます。質の悪い油脂類、動物性食品、砂糖のとりすぎによって、体内環境のコントロールを担う肝臓と腎臓が衰えます。すると体内に老廃物がたまり、膵臓に大きな負担がかかってきて、ついには糖尿病を引き起こしてしまうのです。

糖尿病を治すには、1にも2にも肉、卵、牛乳といった動物性食品、砂糖、ブドウ糖、果糖などの糖類を控え、膵臓の機能を高める食べものを積極的に摂取する必要があります。では、具体的に何を食べればよいのでしょうか。

糖尿病と食事の関係

糖尿病の治療は血糖値を正常に保つのが基本ですが、そのために重要なのが継続的な食事療法。
とは言っても一般的なイメージほど特殊なものではなく、1日に必要なエネルギー量を正確に把握して、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂取することがベースになります。
ただし体内の血糖値を適正に保つ必要があるので、いくつか注意すべきポイントがあります。
ごく簡単にまとめておきましょう。

・栄養バランスと1日の摂取カロリーをきちんと管理する。
・脂質と塩分の多い食品は控える。
・味つけは全体に薄味を心がける。
・油はカロリーが高くなりがちなので上手に使う。
・アルコール類は禁止。
・お菓子類や清涼飲料(ジュース類など)は控える。

実際には糖尿病の症状に合わせて、医師からの細かい指示が出されますが、重度の症状でなければ食事制限というほど厳しいものではありません。
主食に米などの穀類を摂り、魚などで良質なタンパク質を補い、野菜類を多めに摂取するという基本からすると、伝統的な和食が糖尿病の食事には最も適していると言えるでしょう。

食事療法として有効なマクロビオティック

糖尿病の食事で注意すべきポイントを見てみると、その内容はマクロビオティックのテーマと非常に良く似ています。
と言うよりも、本来マクロビオティックを意識した食事をしていれば、糖尿病を発症することなどないと考えたほうがいいでしょう。

現在の食生活では精白された穀物が主食になり、肉類や乳製品の過剰摂取、お菓子類やジュース類を通しての白砂糖の大量摂取など、細胞レベルで悪影響を与える食事が常態化しています。
その結果膵臓の機能が低下して、糖尿病を引き起こしてしまうのです。

マクロビオティックの基本は、決して難しいことではありません。
その核になるテーマは、自分が暮らす土地で旬の食材を食べること(身土不二)と、一つの食材を丸ごといただくこと(一物全体)の二つです。
マクロビオティックではすべての食材に「陰」と「陽」の極性があると考え、全体ではどちらにも偏らない「中庸(ちゅうよう)」つまりバランスを重視します。
この考え方には、糖尿病の食事療法と極めて共通点が多いことが分かりますね。

マクロビオティックとは厳しくストイックな食事法ではなく、伝統的な和食をベースにバランスの良い食事を摂るという考え方。
あまり難しく考えずに、日々の暮らしに自然にマクロビオティックを取り入れれば、糖尿病の改善や予防がもっと簡単に、身近になるのではないでしょうか。

ブロッコリーのクロムに注目

最近、注目が集まっているのが、糖尿病の予防効果があるクロムというミネラルです。これは体内で糖や脂質の代謝に関与するミネラルで、正常な発育や免疫力にも影響しています。インスリンの作用を強める効果もあるため、糖尿病予防に役立つとされています。このミネラル、実はブロッコリーに多く含まれているのです。

ブロッコリーは地中海沿岸原産のキャベツを改良した野菜。カロテンとビタミンCが豊富で、その含有量はキャベツの4倍と言われています。スルフォラファンという成分には抗酸化作用と解毒作用があり、ガンを抑制すると注目されています。他にも血圧を下げる働きのあるカリウム、貧血を予防する鉄、カルシウムとカルシウムの摂取を助けるビタミンKなどを多く含み、生活習慣病全体の予防に役立つ万能野菜なのです。

マクロビ風ホワイトシチュー「ブロッコリーのシチュー」の作り方

マクロビオティックでは牛乳なしのホワイトシチューを作ります。とろみをつけるのは発芽玄米粉やひえ粉といった穀物。ひえやきびなどの雑穀は米より陽性度が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。

ブロッコリーは長く茹でないこと。蒸し茹でならビタミンの流出を防ぎ、味も栄養も逃しません。フライパンにブロッコリーと塩ひとつまみを入れ、半分浸かるくらいの水を注いで強火にかけ、蓋をして3分ほどで引き上げましょう。

<材料>(2〜3人分)
玉ねぎ 150g
塩(玉ねぎを炒める用) 少々
人参 35g
じゃがいも 100g
ブロッコリー 1/2房
だし汁 2カップ
塩 小さじ3/4
ひえ粉 大さじ2
ローリエ 1枚
塩、胡椒 少々

だし汁 1カップ
発芽玄米粉 大さじ1

<作り方>
1.人参、じゃがいもは乱切り、玉ねぎは縦4等分してから乱切りにする。

2.ブロッコリーは小房に分け、茎は固いところを削いで8mmくらいの厚さに切る。沸騰した湯で、蒸し茹でする。

3.鍋にごま油を炒め、玉ねぎを炒めて軽く塩をふる。ジャガイモ、人参の順にいため、だし汁を1/3量入れて強火にし、沸騰したらさらに1/3量加え、ローリエも加えて中火で煮込む。

4.野菜に火が通ったら、塩小さじ3/4と残りのスープストックで溶いたひえ粉を加え、さらに煮込む。

5.だし汁に発芽玄米粉を入れて火にかけ、木べらで混ぜながらとろみが出るまで煮る。

6.4に5を入れ、2のブロッコリーを加えてひと煮立ちしたら、塩胡椒で味を調え、ローリエを取り出す。

まとめ

マクロビレシピを取り入れて生活習慣を見直してみるといいかもしれませんね。

ブロッコリーのシチューはだし汁は水2カップに対して昆布切手大2枚、干し椎茸1個を保存瓶などに入れ、冷蔵庫に一晩置いたものを利用します。野菜がたっぷり入る料理は、野菜からもおいしいだしが出るので、だし汁を用意しなくてもそのまま昆布や干し椎茸を入れて煮込んでもOKです。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 緊急時に知っておくと便利!マクロビ的熱中症対策

  2. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    マクロビオティックを知るために読んで欲しいおすすめの本

  3. マクロビオティックで砂糖の代わりになるのはコレ!

  4. アトピー改善にマクロビオティックができること

  5. マクロビオティックで生野菜ってOK?

  6. マクロビオティックに最適な飲み物の選び方