マクロビオティックは基本を大切に

冷え性改善料理

現代は様々な健康の悩みがあり、それに対する多くの健康法が生み出されています。マクロビオティックもその中の1つと言えるかもしれませんが、最近では「マクロビ風」とでも評するべき根拠のあいまいな健康法も目につきます。
そうした健康法に気をとられていると、マクロビオティックの本質を見失ってしまうかもしれません。そこで本当に身体に良い健康法を実践するためにも、マクロビオティックの基本を再確認しておきましょう。

マクロビオティックの基本理念は2つ

マクロビオティックの創始者は日本人ですが、意外にも最初に広がりを見せたのは日本ではなく欧米でした。その基本テーマは「身土不二(しんどふじ)」と「一物全体(いちぶつぜんたい)」の2つです。
「身土不二」とは自分が暮らす土地で作られた物を食べるということで、特に日本のように明確な四季がある地域では、その季節の旬の食べ物をいただくことが何よりも重要だということ。
「一物全体」は簡単に言うと、食材を丸ごと全部いただくということです。例えば人参だったら葉の部分から根の部分まで、全部を上手に使って食べ切れば無駄なものは一切ありません。
マクロビオティックで野菜が中心になるのは、旬を正確に反映してくれるということと、丸ごと全部が利用できるという特長が大いに関係しています。

マクロビオティックの基本は陰と陽とのバランス

もう一つマクロビオティックの基本になる考え方が、食材の「陰」と「陽」とのバランスを重視することです。この陰と陽という感覚は他の健康法には全く見当たらず、恐らく西洋人に説明しても理解できないまさに東洋的な概念でしょう。
マクロビオティックの考え方では、どんな食材にも陰性と陽性という属性があり、食事全体で陰陽のバランスをとることを心がけます。野菜で言うとキュウリやトマトのように上に伸びてゆく物は陰性が強く、大根やゴボウのように地中に伸びる物は陽性が強いとされます。

さらに食材そのものの陰陽バランスの他に、調理法にも陰と陽のバランスがあります。大まかに言うと生野菜サラダのように熱を加えない調理法は陰性で、炒めたり煮込んだりする調理法は陽性に区別されます。
ここからも分かる通り、キュウリやトマトを主体にしたサラダを食べることは、食事全体が大きく陰性に偏ることになり、結果的に身体を冷やすことになるのでおすすめできません。マクロビオティックでは身体を冷やすという作用を、なるべく避けるように教えています。

マクロビオティックの基本的な食材

マクロビオティックの基本的な食事メニューは、1日の摂取量の50~60%を穀物から摂り、30%程度を野菜から摂るように推奨されています。残りの15~20%は豆類・海藻類・果物・ナッツ類、時々魚介類などで補うのが原則。
ただし食材をダイレクトにそのまま食べるだけではなく、豆腐や納豆のように加工食品にしたものや、味噌や醤油のように調味料にしたものも良く使われます。

逆にマクロビオティックで敬遠される食材は、禁止されているわけではありませんが肉類・卵・乳製品など過度にたんぱく質や脂質を含む食材です。これらの食材は元々極めて陽性が強く、さらに油と火を使って調理することで極端な陽性の料理になってしまいます。
また白砂糖やお菓子類、ジュースなどの清涼飲料水は極めて陰性が強い食材なので、やはり摂取すると陰と陽とのバランスを崩してしまいます。

まとめ

こうして紹介してくるとまるで食事制限をするのが、マクロビオティックによる健康法のように思えるかもしれません。しかしそれは完全な間違いです。
マクロビオティックは伝統的な和食のしくみを探求した上で、それを扱いやすく分かりやすくした健康法なのです。「身土不二」と「一物全体」という理念を守り、陰と陽とのバランスを意識すれば、誰にでも簡単に健康維持ができるというのがマクロビオティックの基本。
様々な健康法が生まれては消えて行く現代、だからこそ時々マクロビオティックの基本を改めて見直してみてはいかがでしょうか。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 子どもが喜ぶおやつレシピ

    素材にこだわって美味しくマクロビオティック

  2. 宇都宮で探すマクロビオティックなお店

  3. 卵を使わない玉子焼き風」

    マクロビオティックはたんぱく質不足に注意

  4. 綺麗になれるマクロビオティックレシピ

    マクロビオティックで乳製品は避けるべき?

  5. ローソンのマクロビオティックは評価できるのか?

  6. マクロビオティックを始めないと危ない日本人