マクロビオティックの食べ方ー歯並びから見る肉類の摂り方

私たちの体は進化の過程で、必要に応じて変化してきました。今の私たちの体の構造を知り、それにあった生き方をすることでおのずと体は整い、病気にならない体づくりをすることができます。

ホモ・サピエンスの特徴は大きく分けて2つ、土踏まずと歯の構造にあります。土踏まずができることにより、直立歩行ができるようになり、大脳皮質が発達しました

そしてもう一つの特徴歯の構造には食べ物と深い関係があります。

ヒトの歯の構造

人の歯は全部で32本
そのうち臼歯が20本
門歯(切歯)が8本
犬歯が4本

うすのような形をしている臼歯は、穀物をすりつぶすのに適しています。
門歯は馬蹄動物に発達しているもので、草つまり野菜をかみ切るのに便利なものです。
鋭い犬歯は肉食動物に発達していて、獲物を割くための歯です。
人間の特徴は穀物を食べる臼歯が発達しているところです。
臼歯は穀物、実、野菜をすりつぶすためにあります。

ホモ属の先祖、アウストラロピテクスは根茎、塊茎、球根を食べていたという説があります。ジャガイモ、キャッサバ、玉ねぎなどがこれに相当するようです。彼らは火の使い方をまだ知りませんでした。生で食べるため長い時間をかけて臼歯を発達させたというものです。
(狩りの時代はもっと後になります。)

歯から判断して何を食べたらいい?

では、実際、何をどう食べたらいいのでしょうか?
取るべき食べ物の比率は
歯の構造を見ると自然と分かってきますね。

臼歯:門歯:犬歯=5:2:1

つまり
穀物:野菜:肉魚類=5:2:1

この割合で食事の割合を取ることでヒトとして健康が保てる、と考えることができます。

ところが現代の食事は、穀物よりも肉魚が多くなりました。さらに運動不足やストレスが加わり必要以上に食べ物を体にため込んで、生活習慣病が急増しています。

サバンナのライオンやキリン、森にすむオラウータンやヒョウに糖尿病や自律神経失調症はみられません。自然の動物たちは知識がなくても自分たちに必要なものをよく知っています。自然にそった食べ方をしていれば病気とは無縁です。

1977年にアメリカで発表され、センセーショナルを巻き起こした「マクガバン・レポート」という報告書があります。当時、生活習慣病が急増していたアメリカで、病気を減らすために始まった大がかりな食事と病気の関連を調べた研究です。この報告によると健康にとって日本食のバランスは理想的だということが分かりました。

無形文化遺産にもなった日本食。ご飯を中心に一汁一菜、時々小魚を食べるというスタイルはちょうど。5:2:1の比率に当てはまります。

しかし現代の日本食は穀物の割合が減り、その反対に肉食の量が急増しています。さらに食材の質の変化、添加物や農薬、加工品食品の増加により、本来の日本食とは違うものになっています。今日の食事はどうだったでしょうか?一度、見直してみましょう。

マクロビオティック標準食は、こういった人間の歯の構造を踏まえてバランスよく摂取できるように考案されました。年代、性別、運動量、住んでいる地域によって、必要量は変わってきますが、軸は変わりません。食のバランスをとってみましょう。

まとめ

ヒトも本来の生理に合ったものを食べていると、自然と健康を保つことができます。栄養学の知識は必要ありません。自然のルールに沿った生き方の知恵を少し学ぶことで、健康な毎日が待っています。食生活、もう一度見直してみましょう。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 宇都宮で探すマクロビオティックなお店

  2. マクロビオティックにおける陰陽を取り入れて健康に

  3. シワ・シミを消を消すー肝臓をよくするマクロビオティック手当法…

  4. 料理が楽しくなるマクロビオティックの調理道具たち

  5. ローソンのマクロビオティックは評価できるのか?

  6. 塩を知って料理上手!マクロビ的塩選び