マクロビオティックで癒されるリゾートホテル

鉄分・カルシウム豊富なレシピ

旅行に行っての楽しみは、何と言っても観光と食事です。リゾートホテルで日常生活を忘れてうっとり、そして美味しい食事タイムをゆっくり。
ところがマクロビオティックを実践する皆さんにとって、ホテルの食事はどうしても規格外になってしまいます。旅行には行きたいけれど食事が心配、そんな時には食事にマクロビオティックを取り入れているホテルを選んでみましょう。

探せば出てくるマクロビオティックな宿

確かにまだ全体からすれば圧倒的に少数派ですが、マクロビオティックをベースにした食事を提供する宿泊施設は、全国各地に存在します。傾向としてはやはり、東京などの大都市近郊に多いようですが。
こうしたホテルでは食事以外でも、マクロビオティックを実践するゲストを楽しませる様々なプランを用意しています。

あらゆる部分にマクロビオティックのこだわりが

ここでは特定のホテルを紹介することはしませんが、インターネットでもすぐに見つかる宿泊施設をモデルに説明します。
日常的にマクロビオティックを実践しているゲストにとって、リゾートホテルでの時間は日常のさらに上のレベルを求めたいもの。その要望に応えるもてなしは、施設のあらゆる部分にまで及んでいる必要があります。
マクロビオティックなホテルでは、ゲストが滞在する空間全てに心配りが行き届いています。例えば部屋のインテリア、ベッドや寝具などの素材、さらに部屋着の素材に至るまで快適さを追求したもので統一。
また館内で使うアメニティグッズも手を抜かず、石けん・シャンプー・リンス・歯磨きにまでこだわります。つまりゲストがホテルに到着してから退出する時まで、あらゆるシーンに快適さが詰め込まれているのです。

ホテルの究極のこだわりが食事

一般的な高級リゾートホテルでも、食事にはホテル独自のこだわりがあります。しかしマクロビオティックを演出する食事では、さらにその上のこだわりが求められるのです。
まず食材に関してはホテルがある地元で採れたものが中心で、有機栽培など栽培方法へのこだわりだけではなく、ホテルですから味にもハイレベルなものを求めなければなりません。ホテルによっては、動物性の食材・卵・乳製品、そして白砂糖は使わないというルールまで徹底しているところもあります。
ただし食事に対するこだわりは料金に直結するので、具体的な食事の内容は事前にホテルに問い合わせた方が良いでしょう。ホテルによってはマクロビ風ということで、野菜などを除くと一般的な料理と同じものが用意される場合もあります。

マクロビオティックなホテルでの過ごし方

最後に特にこだわったホテルでの過ごし方を紹介しましょう。ホテルは当然ですが、周辺には豊かな自然に恵まれた立地条件にあるでしょう。何しろ日常を忘れるために行くのですから。
ホテルに到着するとまずは最初のおもてなし、お茶はハーブティーや三年番茶など、ここからホテルのこだわりは始まっています。部屋に入ればすぐに、一般的なホテルや旅館との違いに気が付くでしょう。細かい部分にまでマクロビオティックな気配りが行き届いていて、心身共にリラックスできるはずです。
こうしたホテルでは特に女性に人気のある、エステやアロマの体験コースを準備しています。また周辺のリラクゼーション施設も紹介してくれるので、チェックインしてからちょっと羽を伸ばしてみるのもいいでしょう。
ひとしきり非日常を体験したら、ゆっくりとお風呂を楽しんでからお待ちかねのディナータイム。ここではホテル自慢の心づくしの料理をたっぷり堪能しましょう。食事の後もくつろぎの時間を満喫して、いつも以上にマクロビオティックを体感したところで、最高の眠りで1日が終了。
翌日も爽やかな目覚めと同時にまずは森林浴など楽しんでから、ここでもマクロビオティックにこだわった朝食でリフレッシュ。このままもう1日いたい、そう思えるリゾートホテルなら最高ですね。

まとめ

このような体験ができるホテルなら、予算面でかなり思い切る必要がありますが、他にもマクロビオティックにこだわる旅館やペンションなど、料金的におすすめな宿泊施設もたくさんあります。たまには日常を忘れて、心と身体をリフレッシュしてみましょう。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビオティックで健康な胃腸を取り戻す!

  2. アレルギー性疾患にも効果的なマクロビオティック

  3. マクロビオティックで砂糖の代わりになるのはコレ!

  4. マクロビオティックで注意したい蕎麦の食べ方

  5. マクロビオティックで見直そう、味噌の新しい魅力!

  6. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    通販で手に入るマクロビオティックの食材チェック