マクロビオティックでアルコールと上手に付き合う方法

つわり・生理痛対策のマクロビレシピ

私たちが毎日食べたり飲んだりしている食品の中で、アルコール類、つまりお酒ほど身体に劇的な変化を起こすものは珍しいでしょう。
体質にもよりますが、アルコールを摂取すると短い時間で気分が高揚してきます。そのまま飲み続けると、日常を忘れるほどの深い酩酊状態も味わうことができます。

しかし自分の許容量を超えたアルコールを摂取すれば、翌日にはほとんど病気と言ってもいいくらいに苦しい二日酔いが襲ってきます。アルコールには、身体にこれほど大きな影響を与える力があるのです。

アルコールに弱い日本人という人種

アルコールに対する適応力は人種によって違います。西洋人はかなりお酒に強く、平日でも日中からビールを飲んでいたり、強烈な度数のウィスキーをストレートで飲み続けるなど、日本では常識として考えられないことを平気で行います。

それに対して日本人は、全般にアルコールに弱い民族です。お酒がほとんど飲めない、いわゆる「下戸(げこ)」の人もかなりの割合で存在します。
体内に摂取されたアルコールは、肝臓の働きによりアセトアルデヒドという物質に変化します。二日酔いなどで悪さをするのがこの物質。アルコールに適応力がある体質の人は、アセトアルデヒドを速やかに分解することができます。

西洋人はこのアセトアルデヒドを分解する能力が高く、逆に日本人は能力が低いかほとんど持っていないのです。お酒を飲むとすぐに気分が悪くなる人は、残念ながらアセトアルデヒドを分解できない体質なんですね。

マクロビオティックにおけるアルコールの扱い

陰と陽とのバランスを重視するマクロビオティックにおいて、アルコール類は強い陰性の食品として扱われます。ですからお酒を多量に飲むことは、全体的なバランスを陰の方向に大きく傾けることになるのです。

ただしマクロビオティックでアルコールが禁止されているのかと言えば、そんなことはありません。「ときどき」なら飲んでもいいでしょう、という扱いになっています。

注意したいのはアルコールの質

普段からマクロビオティックで食事に気をつけている皆さんが、ひと晩のお酒で身体のコンディションを台無しにしてしまうのは、何とももったいないお話し。
確かにお酒は量を飲んでは後戻りできませんが、それと同時にアルコールの質にも注意が必要です。

どんな種類のお酒でも、コストを下げるためには原材料と手間を可能な限りカットします。例えば日本酒の場合、安いお酒は本来の醸造法から外れて、醸造用アルコールや糖類などを添加して低価格で販売されています。
焼酎やワイン、ビールやウィスキーなどでもこうしたコスト重視の製造法が今や一般的になっています。これでは身体に良いはずがありません。

お酒でも実践できるマクロビオティック

人類はかなり昔からアルコールと上手に付き合ってきました。世界のほとんど全ての地域で、その土地に根ざしたお酒が製造されて楽しまれています。

日本にもやはり伝統的な日本酒と焼酎という文化があります。昔ながらの製法で造り続けている酒蔵では、原料と製法にこだわった質の良いお酒を造っているところがたくさんあります。
また、地元で栽培されたお米とその地の名水を使って造られたお酒も、探してみると全国のあちらこちらにあります。お酒版の「身土不二」ですね。

まとめ

お酒を飲むという行為にも、決してマイナスの効果だけでなくストレス解消などプラスの面もあります。つまり、そこにはマクロビオティックの考え方も充分に活かせるということ。地元で造られたお酒なら、ちょっとぐらい余計に過ごしても二日酔いにはならないのかもしれませんね。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 肉不使用の「ロールキャベツ」「ひよこ豆のコロッケ」の作り方

    通販で始めるマクロビオティックな生活

  2. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    マクロビオティックを知るために読んで欲しいおすすめの本

  3. マクロビオティックで砂糖を使わない理由とは?

  4. 肉不使用の「ロールキャベツ」「ひよこ豆のコロッケ」の作り方

    マクロビオティックで陥りがちな危険性について

  5. マクロビオティックとローフードの違いを優しく徹底解説します!…

  6. マクロビ的肝臓のお手当