マクロビオティックでは砂糖は何を使えばいいの?

マクロビでは特に摂取してはいけない食材というものは決められていません。しかしマクロビは玄米菜食が基本で、肉や魚などの動物性食品や体を冷やす食べ物はあまり好みません。ではマクロビにおける甘味料はどうしたらいいのでしょうか。様々な種類の甘味料がある中で、体を冷やす甘味料も存在します。今回はマクロビにおいて使用できる甘味料や砂糖の捉え方について説明します。

1マクロビにおける砂糖の位置付け

マクロビでは陰性と陽性の食材に分け、体を冷やすものは極力食べません。よく白砂糖は体を冷やすと言われているように砂糖は陰性の食べ物になります。本来ならば、直接甘味を加えるような砂糖はどれもなるべく摂取しないほうがいいのです。フルーツも体を冷やすということで推奨していませんが、野菜本来の自然な甘みのみを使用することが、最も体に負担をかけない方法というわけです。

2白砂糖の危険性

「白砂糖は避けたほうがいい」というような話を聞いたことはありませんか?最近は健康志向で、マクロビなどに興味がない方でも砂糖の種類を白砂糖から変更している方も多いのではないでしょうか。では実際白砂糖は体にどのような影響を与えるのでしょうか。

2-1血糖値を上げる

白砂糖は生成する過程で不純物が取り除かれた状態になっています。その際ビタミンやミネラルも取り除かれてしまい、その結果白砂糖が体内に入ると血糖値が急激に上昇してしまいます。

2-2疲れやすい

血糖値が急激に上昇することで、今度はインスリンが放出され血糖値を一気に下げようとします。この繰り返しにより体に負担がかかり疲れやすくなってしまいます。

2-3体を冷やす

血糖値の急上昇や急降下により、その急降下の時に体温まで一緒に下げてしまいます。

2-4イライラや神経症の原因

血糖値の急上昇を鎮めようとインスリンが放出されるとまた血糖値を上げようと体はアドレナリンを放出します。アドレナリンは神経伝達物質の一つで主に興奮状態の時に高い数値を示します。このアドレナリンが出すぎると集中力がなくなり、イライラしたり切れやすくなる原因になります。

2-5ミネラル不足

白砂糖が不純物を取り除く際にも砂糖に含まれるミネラルは奪われてしまいますが、体内のミネラルも奪ってしまいます。人間の体は弱アルカリ性ですが、白砂糖は酸性食品です。酸性食品である白砂糖が入るとそれを中和するために体内のミネラル分が奪われてしまいます。
その他にもエネルギー不足や女性の方は激しい生理痛などになりやすくなる原因でもあります。

3マクロビで使用される甘味料は?

冒頭で、マクロビではあまり甘味料を使わないほうがいいと話しましたが、甘味料を使って料理やお菓子を作るときもあるでしょう。そのような場合にオススメする甘味料としてあげられるのが、甜菜糖、きび砂糖、黒糖、ヤーコンシロップ、甘酒、メープルシロップなどです。これらの甘味料はミネラルなどの栄養素が豊富で、自然由来のものであり体に負担をかけにくい甘味料です。注意すべき砂糖は三温糖です。三温糖は茶色で一見体に優しい砂糖だと思われがちですが、三温糖は白砂糖の糖液を煮詰めてカラメル化したものであり、性質は白砂糖と変わりません。

4まとめ

甘味料にも様々な種類があり、どれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。今回は白砂糖の危険性について主にお伝えましたが、他の甘味料も絶対に体に優しいと過信せず、上手に付き合っていけるといいですね。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. マクロビオティックで砂糖の代わりになるのはコレ!

  2. 「そばがき」「切り干し大根」のマクロビ簡単レシピ

    ナッツはマクロビオティックのエネルギー源

  3. マクロビオティックでは歓迎されないはちみつ

  4. 肉不使用の「ロールキャベツ」「ひよこ豆のコロッケ」の作り方

    通販で始めるマクロビオティックな生活

  5. 免疫力アップレシピ

    マクロビオティックの成功は朝食がカギ

  6. マクロビオティックでおすすめの調味料、注意したい調味料