アレルギー性疾患にも効果的なマクロビオティック

現代の社会では、以前は見られなかったさまざまな疾患が多くの人々を悩ませています。アレルギー性の疾患もその一つ。

アレルギー性疾患の代表的な症状には、アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎・花粉症・食物アレルギーなど色々あります。原因としては身体の中の免疫システムが、特定の「アレルゲン(アレルギーの原因物質)」に過剰に反応してしまうからだと言われています。

しかしそれだけでは説明できない症状も多く、原因がよく分からない疾患もたくさんあります。その中で、近年急速に変化してきた食生活が原因だという説もあり、アレルギー性疾患に対するマクロビオティックの効果が注目されるようになってきました。

アレルギー性疾患が起きるしくみ

人間の身体には、外から入ってくる大小さまざまな物質に対する防御システムが備わっています。これを「免疫系」と呼びます。
体内に外から異物(抗原)が侵入すると、免疫系はその抗原に合わせた「抗体」を作ります。本来はここでその抗体が抗原を除去して事なきを得るのですが、免疫系に異常が起きると抗原に対して必要以上の反応をしてしまいます。

詳しい反応のシステムについてはここでは省きますが、アレルギー疾患の場合特定の抗原に対してより過剰な反応をしてしまいます。その抗原をアレルゲンと呼ぶわけですが、アレルゲンに反応することで、身体の中にはヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。
簡単に言えばこうした物質が、さまざまなアレルギー反応を引き起こすのです。

アレルギー疾患の人が避けたい食品

食物アレルギーの場合は、牛乳・卵・大豆・そば・甲殻類など避けるべき食品が特定されていますが、一般的なアレルギーでは原因になる食品の特定がなかなか難しいようです。

しかしポイントとしては、体内の免疫システムを乱す恐れがあるものや、消化器官の機能を低下させるもの、そして体内の老廃物を増やすものは避けた方が良いでしょう。

例えば肉類・油脂類・精製された砂糖類・お菓子類・ジュース類などと、化学添加物を使った加工食品全般です。面白いことにこうした食品は、マクロビオティックで避けるべきとされる食品と奇妙な程に共通しています。

アレルギーを改善するにはまず食事から

アレルギーを改善するには、まず体内の組織や器官そのものの働きを高めると良いと言われています。具体的には血液の循環・リンパ液の循環・胃腸の活動・ホルモンバランス・自律神経の働きなど、これらを総合的に高めることがアレルギー改善の決め手。

つまりさまざまな身体の機能を、正常な状態に整えることがアレルギー改善への近道だということで、それには毎日の食生活が何よりも重要になるのです。

マクロビオティックでアレルギー対策を

人間の免疫系をつかさどる免疫細胞は、腸の中で作り出されるという説があります。それだけ免疫と腸(消化器官)とのつながりは深いと言えます。
ここで考えてほしいのは、少し前の日本には現代のようなアトピー性皮膚炎も花粉症も無かったということ。その間に日本で大きく変化したのは、食生活だということ。

マクロビオティックの食事法は、伝統的な和食をベースにしています。私たち日本人は、自分たちの暮らす土壌に合った食材を昔から食べてきました。確かに病気になることもあったでしょうが、現代のように原因不明で厄介な疾患は少なかったはずです。

まとめ

現代病とも言えるアレルギー性疾患にこそ、マクロビオティックによる食生活の改善が必要なのではないでしょうか。どんな病気でも、結局その病気を根本的に治すのは「自然治癒力」です。その力を高めるためにも、もう一度自分自身の食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. 胃の不調を改善する!原因とマクロビ的食事法

  2. 免疫力アップレシピ

    マクロビオティックでも重要な塩の役割

  3. 子どもが喜ぶおやつレシピ

    素材にこだわって美味しくマクロビオティック

  4. マクロビ的花粉症の対処法

  5. 料理の腕をワンランク上げよう!個性あるマクロビオティックの料…

  6. マクロビオティックに最適な飲み物の選び方