お酢を使いこなしてマクロビオティックのバージョンアップ

塩・醤油・味噌はマクロビオティックでも良く使われる調味料ですが、酢を使いこなすのはなかなか難しいかもしれません。その理由の1つには他の調味料と違って、酢だけでは味つけの決め手にならないからでしょう。
しかし酢ほど健康増進に役立つ食品は他にはない、と言ってもいいほど酢には身体に良い成分が含まれているのです。

調味料である酢の起源

酢の歴史はかなり昔にまでさかのぼり、既に紀元前5000年頃には記録として残されているそうです。元々は果物などを発酵させて作ったお酒が、何らかの過程で酢酸発酵して酢が生まれたのではないかと言われています。
日本で酢が造られ始めたのは聖徳太子の時代のちょっと前、4^5世紀の頃だと言われています。当時中国から酒造の技術が伝わって来た時に、同時に米を使った酢の醸造法も輸入されたと考えられています。
しかし当時は貴族階級が健康増進や医薬品として使っていたようで、庶民の間に調味料としての酢が普及したのは、はるかのちの江戸時代になってからでした。

酢の種類は原料によって分けられる

酢の種類は大きく分けて2つあり、1つはごく一般的な穀物酢で、もう1つは外国産に多い果実酢です。以前は合成酢というものもありましたが、最近ではほとんど見なくなりました。
ここで大まかですが、主な酢の種類を原料とを一緒にまとめておきましょう。

まずは穀物酢のなかまです。
・米酢、玄米酢(原料:米)
・黒酢(米)、香酢(もち米)
・きび酢(さとうきび)

次に果実酢のなかまです。
・りんご酢
・ワインビネガー(ぶどう)
・バルサミコ酢(ぶどう)

酢に含まれる健康成分

名前と味からすると酢は酸性食品とイメージされますが、その通り豊富な有機酸を含む酢は酸性の食品です。しかし面白いのはそこから先で、酢は食べて体内に入ると分解されて酸性の性質を失い、カルシウムやナトリウムなどのアルカリ性のミネラルが残るため、分類上はアルカリ性食品になるのです。
酢には酢酸・クエン酸・グルコン酸・りんご酸など、数多くの種類の有機酸が含まれるため、それらが健康増進に高い効果を発揮してくれます。それらの効果もまとめておきましょう。
・疲労回復効果
・血流改善効果
・食欲増進効果
・高血圧抑制効果
・生活習慣病の予防効果(肥満、メタボリックシンドロームも含む)

マクロビオティックで酢を活用

健康増進に幅広い効果のある酢を、マクロビオティックでどのように活用したら良いのでしょうか。あくまでも料理に使う調味料として。
1つには、塩の補助的調味料として使うこと。本来塩だけで味を決めるシーンで、そこに酢を使うことで全体的に塩分を減らすことができます。これは漬け物、焼き物、炒め物などの他、味噌汁にも応用できます。
旬の野菜をいただく時には、何よりも美味しくて健康的なドレッシングとして使えます。あくまでもマクロビオティックなので、ここはノンオイルでつくりましょう。ドレッシングの場合は酢がベースとして使えますから、醤油・塩・梅干し・味噌などを好みでブレンドして、オリジナルのドレッシングを楽しむことができます。

その他にも野菜や魚の煮物に使うと、みりんの代わりになって仕上がりに照りやコクをプラスすることもできます。さらに酢には素材が持つ臭みをとる効果もありますから、いつもの料理が1ランク上のメニューに早変わり。

まとめ

マクロビオティックでは、酢そのものは陰性が強く身体を冷やす働きが前に出るため、夏場は良いのですが寒い時季にはちょっとおすすめできません。でも寒い冬でも酢の持つ健康効果を体感したいなら、ちょっとだけ塩を加えて使ってください。これで陰性の強い酢が陽性に変わり、身体を温めてくれることになりますよ。

マクロビオティック  マクロビオティック

関連記事

  1. アトピー改善にマクロビオティックができること

  2. マクロビオティックでは歓迎されないはちみつ

  3. マクロビオティックで健康な胃腸を取り戻す!

  4. 健康増進に逆効果?マクロビオティックの問題点に注目

  5. 糖尿病予防レシピ作り方

    マクロビオティックでは上手に使いたい油のお話し

  6. マクロビオティックで見直そう、味噌の新しい魅力!